れあの遍歴

私は、東京都で生まれました。

その後、宮崎⇒千葉⇒福岡と父親の仕事の都合で転勤ばかりしておりました。

転入生って結構いじめられたりするものですよね?
私も多感な時期に正直キツかった思い出があります。

幼少~小学生までスパルタ教育

親はなにを思ったんでしょう。
ただでさえ転勤転勤で子供心に挫けそうなときに、
一貫してスパルタ教育でした(T_T)

学校のことはあまり言われませんでしたが、
家庭の規律ですかね。

たとえば、
①ごはんは一粒残らず食べる。
(姿勢正しく正座)
②日曜日の昼はお父さんの作った味噌ラーメンを食べる
(かなりしんどかったです)
③夜8時子供は就寝
(土曜日だけは9時就寝)

れあ幼少期

ひとつひとつ解説していきますね!

①ですが、姿勢は教えてもらったものの
食事の作法については全く触れられていませんでした。
(そこが大事だっつーの!笑)
しかも父親の食べ方がきたなかったのだけは覚えています。
子供心ながら「ああいう風にはなるまい」とは
おもっていました。

②ですが、父親が作った味噌ラーメン。。。。。。。。。
いつもきまって○ッポロ一番だったんですが、
お父さんは今もそうですが、やわ麺がすきだったんですね
それで3分煮込むのもきっとそれをかなりオーバーした
風味でした。(まずっ)

③ですが、小学校にもあがると、8時からのテレビ番組で
もりあがったりするものですが、私はまっったくついて
いけませんでした
唯一土曜日は昔ながらの「8時だよ!全員集合!」があったので
それはみせてくれましたが、
Gメン75はNG・・・・・
大人になってやっとその意味分かりましたw

最後の転勤:中学では優等生

そろそろ転校も慣れてきたかな~
というときの中学校1年生の春。

とんでもない中学にはいってしまいました!
もちろん公立ですが、
県内成績最低の中学です。゚(゚´Д`゚)゚。

周りを見渡せば、うーん納得。
(中には賢明な子もいましたよ)
それなりにはいろんな子たちと遊んでいましたが
家ではモーレツに勉強してました。

陰勉です。
ヤなやつですねー(笑)

れあブラバン

 

部活は吹奏楽に入り、クラリネットのパートリーダー。
でも、遊びではいったのでヤル気なく、
いつも指揮者から「クラ!(クラリネット)足引っ張ってる!」
とお咎めをうけておりました。

そしてその治安のわるーい場所で、父親は
「これ以上転勤はしない!」と会社と約束したそうで
その場でマイホームを購入

でも本心「これで転入生にならなくてすむ!」とおちつきましたよ。
でも内心「ここ、やだなぁ」っていうのもありました。

そして堕落の高校生活

はい、中学の陰勉のおかげで、一応進学校に入れました。
そこでわたしはまたしてもカルチャーショック(汗

「みんな、がり勉」

気持ち悪かったですよこのギャップ。
中学のときは授業の途中から平気で席を立って遊びに行ったり
していた環境でした。

しかし・・・ここでは・・・
休み時間も予習をしている((((;゚Д゚))))

こわい、こわすぎる。
ロボットみたいだ。。。。。
というわけでわたしはこの人たちと一緒になりたくないあまり
勉強するのをストップしたわけです。(単なる言い訳?)

でもここまでお聞きになられてわたしがどのくらいひねくれものか
分かりましたよね!(〃∇〃)

そうなんです。
「人と同じ」ってことを極端に嫌う傾向にあるみたいです。

だからヤンキーばかりいた中学では優等生。
まじめくんばかりいた高校ではあらくれもの。

悪いこと、いっぱいしました(ここではいえませんが^^;)

F100006623

でもそんな私も大学進学を控えて、ようやく
自分を再度見つめなおす時期が訪れたんです。

わたしは心理学ってものすごく興味があって、
それに直結した仕事はないかさがしてたんですね。

ありましたありました「臨床心理士」!

そうしてさかのぼって大学をみつけ親に勉強しなおすから!
と泣きついてみたのです。

大学は県外で4年制だったのですが今でもがんばれば
なんとかなる!って信じてた。

そうして当時面接官をしていた父親の一言。
「4大卒の女は使い物にならん」
・・・・
・・・
・・
( ̄_ ̄lll)

まあ金銭面でも家のローンとかあったし、
仕送りと学費を考えると無理だった(と母後日談)

何日も何日もなきながらお願いしたけど
父親が首を縦にふることはなかったです。

もうムリ!
私の人生どうなったっていい!

みんなが受験勉強している頃、
遊びまくっていました。

F100006891

成績は常に最低クラス

それでもこの支配じみた世界から抜け出したいから
就職もしたくなかったです。

そこで選んだのが短大という腰掛遊び期間
2つ受けたのですが2つとも合格しちゃいましたぁ

それで、モテそうな短大を選択w

短大とパラダイス

短大は~。
合コンの嵐でしたね。

しかもモテる短大だけに、有名大学生たちから
のお誘いが絶えず、(しかも無料!

れあ酒

そのころからお酒を覚え始めました。
単位もギリギリとらせていただいて無事卒業となったのですが、
身になったのは「利き酒」くらいですかね(笑)

さすがに就職しなくては

短大であれだけ遊ばせてもらったんだから、
1年くらいはまじめにOLやってみようかと
某企業に入社。

そこは年間契約で女の子を雇っているらしく、
あまりにも単調な仕事が苦痛だったわたしは
1年我慢してサヨナラ~(^_^)/~

それからはその会社のパソコンスキルをもとに、
派遣会社に何社も登録して、
30歳まではたらきまくっていました。

れあ結婚!?

そして、派遣先の方とめでたく結婚
しかし、わたしと結婚したあと、夫はリストラにあい、
それからヤル気をなくしてしまったようで
寝てばかりいました。

10年経つけれども、彼に就職という意識はなかったようです。
わたしも体を壊して、派遣がつづけられなくなり
貯金を切り崩していました。
そして、貯金がなくなりかけたとき、私がはじめたのが、
家にいながらできるアフィリエイト

MarReaLab.Associateの誕生

悪戦苦闘しながらも、何とか月に30万はコンスタントに
稼げるようになり、
ネットビジネスで知り合った方から、
塾の講師まで頼まれるようにまでなりました。

私はこんないいチャンスは滅多にないと思い、
二度返事で承諾するに至ったわけです。

そこから生徒だったプロのデザイナーさんのMarRさんと出会い、
マニュアル作成を手伝っていただき、
結果、このマニュアルを有料化して独立しようと決めたという
経緯です。

れあ現在~

そして、MarReaLab.Associate を通して、あなたにお会いしている現在。

見てくださっているのが、喜ばしくて、嬉しくて
とても感謝しております。
私も、紆余曲折しましたが、どの経験も今では無駄には
なってないと思います。
例えば臨床心理士になっていたらこんな楽しい仕事には
めぐり合えなかったでしょうしね!親に感謝!

そして、このプロフィールを読んでくださっている方、
これからもよろしくお願いいたします!^^