本業が副業になった!?

本業?副業?

ごあいさつ

お久しぶりの更新です。

皆さまお元気でしたでしょうか?私はというと・・・・

9月半ばに、某総合病院で、右足股関節を人工関節に置換する手術が仮決定しました。

本決定は8月半ばです。手術は怖いけれども、正直ほっとしたところでもあります。
病名は『突発性大腿骨頭壊死症』読んで字のごとく、突発的に太腿の骨頭が壊死(えし)してしまう病気。

先月の今頃は、絶対に手術などしたくありませんでした。
何故ならこの病気はどうやら難病らしく、民間療法も多数あり、人工関節に入れ替えずにすむ方法もあるという情報を得たためです。

だけれども、近くにその治療をしている病院がなかったため、苦肉の選択をしました。
今の生活を維持しながらできるたった一つの痛みからの解放方法は人工関節置換しかなかったのです。

 

初めての痛みによる意気消沈

ここでどれだけ痛かったか(進行形ですが)言わせてください。

(聞きたくない方はスルーしてくださいね。)

【れあの骨頭壊死の一日】

  • 朝、基本的に足が痛い夢をみつつ一度目が覚める。
    動こうとすると激痛が走るため、そのままのポーズで暫く寝る
    トイレにどうしても行きたくなり仕方なくベッドからおきる
    ベッドからトイレにたどり着くまで約20分
    気が遠くなるくらい痛い
    トイレに疲れてもう一回横になる
  • 汗をかいてきたためシャワーを浴びる
    秘密の苦しみに約1時間
  • キッチンで洗い物
    右足をかばって左に重心をおきつつおそるおそる立って洗う
    歩くときは杖を使用
  • 洗濯たたみ
    左足は曲げれるためベッドマッドに正座、右足はベッドの横に
    このポーズを見つけ出すのに約2ヶ月
  • 外出では靴下をはくのに1、2回ほど本気で気絶しそうになる
    右足が上がらないためスカートでもパンツでもドキドキしながらいっせーのせで履く
    着替えに約30分
  • 車に乗り込むとき、右足が上がらない為仕方なくお尻から入る
    歩く速度は、80代のおばあちゃん並み
    途中痛くて立ち止まる
    階段むり、和式トイレむり
  • さいごに・・・・
    仕事する気力を奪うΣ( ̄□ ̄lll)

これが一番大きく致命的です。

仕事できなかったら元も子もなくなります。私にとって仕事はとても人生で大切なもの。
これをとられたらそれこそ体だけではなく心まで80代のおばあちゃんになってしまう。

それだけは避けたい。

これも手術に踏み切ろうと思った大きな原因になります。

これからの櫻木れあ

4月から3ヶ月ほどでしたが、前述した病気との戦いがありました。

正直仕事もままならなくご迷惑をおかけしている方もたくさんいます。

 

でも、9月の手術~入院~退院まで待ってほしい。。。。

 

そんなムシの良い話は(ヾノ・∀・‘)ナイナイ
はい、今日から強い心をもって戦っていく気概です。

ペースが多少遅くなるかもしれませんが、前に1cmでも進もう

そう思っています。

その為の手段として大きく考え方を変えてみました。

新たな発見!

今までは、本業がこちらのネットビジネスにあり、生活の大半を占めていました。
だがそれができなくなるくらい生活時間が圧迫されている。
できなくて自己嫌悪におちいることも・・・・・

ならいっそのこと今の本業は痛みと戦う日常生活にしてみようかと。
生活というベースがあって初めて仕事もきちんとできるものだとおもうから。

そして、余力が残ったときはすべてこちらに専心します。

これを思いついたときなんだかほっとしました。
「ああ、私、生きててもいいんだ!」って。(笑)
仕事でも私生活でも、こう言った考え方の切り替えって必要ですよね。

そういった「逃げ道」を予め自分の中で作っておかないと人は潰れてしまいます。

今日は、病気のお伝えと、本業を副業にシフトするといった切り替え方の重要性についてお話しました。

最後に、毎回助けていただいている方々に改めてお礼とお詫び。
そしてこれからの櫻木れあを見守って頂きたいというこれからのお願いをもって終わります。

関連記事